カウンター
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< しょうもないです | main | フローラルな香りとかが良いです >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年09月14日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

きれいなものには毒がある

うたひめ 

中村中。
「なかむらあたる」と読みます。山本山ではありません。
私が最も愛してやまないシンガーソングライターです。

初めて彼女の存在を知ったのは、21歳の時でした。
流行りの曲は聴いてると頭痛が痛くなるので、殆ど聴きません。
でも、彼女の歌は私を捕らえて離さなかったのです。涙が止まらなかった。
歌謡曲のような昔なつかしいメロディ。
声は、迫力のある低音と、透き通るようなファルセット。
心をぶん殴るような、大胆で強烈な歌詞。
美人でスタイルもいい。とくに長い脚!超美脚!

彼女のように、綺麗だけれども、毒のある人がとても好きです。
単にキレイなだけでは心は動かない。
昨年共演させていただいたとある役者さんがおっしゃっていた、
「その人の生き様が、芝居にあらわれるんだ」
という言葉を私は今でもずっと覚えているのですが、彼女の歌はまさに、彼女の生き様そのものだと思います。
荒っぽいけど、力強くて、そしてやさしい。
不器用で動けない私をほんの少し、引っぱり上げてくれるような、そんな気がします。

彼女が性同一性障害であることが頻繁に取り上げられた時期がありましたが、マスメディアへの露出が少なくなった今は、自分の歌いたい歌をうたうことだけに専念出来ているのかな、と勝手に考えたりします。
本当は、そういう、自分に付随するもの抜きで、歌だけで評価してほしかったと彼女自身も言っていましたし。
そりゃあ、私だってレッテルを貼られて芝居を見られるのは嫌だと思うもの。

マイノリティって、そんなに珍しいものなのでしょうか。
寧ろ、人は自分のことを、大多数の側の人間だと信じているのでしょうか。
そうだとしたら、何でそう思えるんでしょう?
自分は普通?じゃあ、普通って何?

私は決してマジョリティではないけれど、私が見てきたことや感じてきた色んなことを、いつか芝居で表現することが出来るようになれたらいいと、そう思っています。

2010年09月26日(日) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : あのねのほんね / comments(2) / - / -

スポンサーサイト

2013年09月14日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

Comment
あゆむ    (2010.09.27 Mon 23:18)
生き様というか

人そのものは

人前に出て、なにかすることになって
っていう瞬間に


出る


のかな
……と思う。

ぞっとする、とぎすまされた
美しい世界です。
みきてぃ    (2010.09.29 Wed 09:07)
あゆむさん、ありがとうございます^^

そう考えると、人前で何かをするということはどういうことかを、
もっと自覚しないといけないんだろうなと思います。

ほんと、彼女の歌は聴いてて鳥肌立ちます(笑)
年下だけども、憧れるし尊敬してます。
Submit Comment