カウンター
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年09月14日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

感謝観劇。ありがとうございました

ゆ〜たいりだつ〜 

Common days vol.11「みそ味の夜空と」
好評のうちに終了いたしました。
ご来場くだすった皆様、本当に本当に、ありがとうございました!!!

終わって抜け殻のようになってしまい、気がつけば公演終了から、もう何日経っているか自分で数えることも出来ません・・・。
稽古に励んでいた日々が遠い昔のようです。
むしろ、夢の中の出来事のようです。
私は、今、でくのぼう。

ほら、ね、タイガーも。
ほわーんふわーんと浮遊しているのですよ。

いや、でも、
いつまでもボンヤリしている場合ではないのです。
しっかりしなくちゃ。

また、公演のアレコレを書いてまいります。
お暇な方は、どうぞ覗きに来てやってくださいまし。

2012年04月29日(日) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

荒井美紀、出演します!

たよれるおじ・・・お兄様方

いつまでも目玉の余韻に浸っている場合ではありません。
4月の公演のお稽古はドンドン進んでいるのでございます。
 
Common days vol.11
 「みそ味の夜空と」
第15回OMS戯曲賞ノミネート作品です。
公演の詳細は、ブログ右側の「おしばいあります」をご覧くださいまし。
 
このオッサ・・・いえいえ、お兄様方率いるCommon daysに正式メンバーとして参加させていただきまして、はや半年が経とうとしています。
前回公演「鳥と戦闘機」が懐かしい。懐かしいと思うのは、それだけ沢山の時間が過ぎているということで、何だか切ないような、何とも言えない気持ちになります。

一番右のスーツ紳士・南出謙吾氏。「みそ味の夜空と」の作者です。
南出氏の脚本で、しかも戯曲賞にノミネートした作品でお芝居ができるというのが、嬉しくてたまらないです。
普段はニコニコ、予想外にボケをかましまくります。繊細な脚本とのギャップがたまりません。
一番左の革ジャンイタリア人・Motoki Shinomy氏。演出・技術担当です。
いえ、れっきとした日本人です。なぜイタリア人かというと、イタリア人ばりに女子を口説くからです。
何でもされます。何でも出来ます。いつも生意気な口聞いてごめんなさい。実は相当すごいイタリアンです。
一番真ん中の日本一キャップが似合う男・芦川諒氏。Common daysの看板役者です。
つかみどころのない、不思議キャラです。きっと一生つかめない。
でもそれが氏の一番の魅力だったりします。
オヤジギャグが大得意で、一度口を開くと止まりません。みんな笑いの渦にぐるぐる巻かれます。

そんなオッ・・・にいさま方に混じって、何と、何ともおほほワタクシ、
主役を務めさせていただきますー!!!!!
主役なんて、主役なんて、8年ぶりです・・・。
初小劇場のときも主役でした。兄妹の役でした。
今回も兄妹の役をいただきます。不思議な縁を感じます。

私は赤色がとても好きです。
Common daysは、忘れてはならない「赤」を、いつも私の目の前に突きつけてくれる、そんな場所です。
何が言いたいかわからないですよね。
何が言いたいかわからないですけれど、私はこの場所で芝居がしたいと思った、だから、できる限り沢山のお客様に、この「赤」をお披露目できたらと思っています。

4月23〜25日、平日の公演でございます。
ぜひ、劇場へ足をお運びくださいませ。
2012年03月13日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

しぇたもんだの真相

 Image002.jpg

そういうわけでですね。
この写真なんでござーますの。

これ・・・ひっどいなー。
放送禁止、じゃないや、掲載禁止ですよね。
何日も何日も徹夜して、ラリって「ぼひゃしゃしゃしゃ〜!!」とか叫びながら道路に飛び出して車に轢かれたときみたいな顔ですね。
そんなことしたことないですけど。

この目玉は、実はおまんじゅうなのです。
本当に串にさして売られていて、本当に「目玉遊び」の写真がお店にあって、本当に店員さんが親切にアドバイスしてくださるのです。
るるぶで見つけて、これはやらにゃあと、オトモダチと撮りあいっこしました。
次はもう1つ買って、ハイレベルな感じで、口にくわえるのがオススメだそうです。
食べ物で遊んじゃいけないなんて、そんなケチくさいこと今日は言わないでおくれ。これでアナタも、目玉の虜。

最後になりましたが、タイトルの「まー、しぇたもんだわぁ」とは一体何ぞや?と思われているそこのお姉様。
お目が高うございます。
これは、鳥取のお隣り、島根県の方言で、「とんでもない」という意味なんだそうです。
教えてくだすった宿のおばちゃま、最初聞いたときフランス語だと思ったんですって。
島根県民はみんなフランス語がペラペラだと思ったんですって。
そんなわけない。

ちなみにそのおばちゃま、私達がお食事している間、横に立ってまあよくお喋りになる。
歴史の話やら水木しげる先生の話やら、弾丸ぶちかましたと思ったら、大音量で鳴り出した携帯の着信音が美空ひばりさま。
まー、しぇたもんだおばちゃま。
好きな妖怪は小豆洗いだそうです。

とんでもない小旅行でした。

おしまい。

2012年03月03日(土) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

まー、しぇたもんだわぁ・その3

早く、早く書いちゃわないと、3月になっちゃわう!

砂漠の話。
鳥取砂丘の話。

鳥取砂丘ではラクダがアルバイトしています。
時給いくらかでヒトを乗せてお散歩してくれるのです。

乗ってください

ラクダ乗り場。
この階段を使って、ラクダのお背中をお借りします。

みんな平等です

譲り合いの精神です。

ラクダは結構揺れます。非常に不安定です。
電車やバスの方が遥かに快適です。
でもラクダには、ラクダでしか味わえない良さがあるのです。
乗ってる間におしっこしてたり、胃の中の食物を戻して咀嚼してたり、そんな感じです。
あと意外とかわいい。

ラクダを堪能した後は。

砂を堪能します。
砂、砂、見渡す限り砂です。

あしあと

謎の生き物の足跡。
ひゃー、獣ケモノ!と興奮して撮りましたが、後にお散歩に来た飼い犬のものだと判明しました。

ざぶーん

砂を乗り越えると、海があったりもします。

ごみごみ

とても悲しいことに、漂着ゴミがすごかった・・・。
ハングルが書かれたゴミもちらほら。
わーんわーん、地球はでっかいゴミ箱だよー(T□T)

とりとり

そのゴミのそばで、かわいらしい生き物を見つけました。
小鳥の群れです。
波が去った後の土にいるエサをついばんでいるのです。
迫り来る波との闘いです。
ザッバーン。
チョコマカ。
ザッバーン。
チョコマカ。

さいこう

そして、砂漠の一日が終わるとき。
絶景でした。
日が沈んで辺りが暗くなるまで、いつまでもいつまでも眺めていました。

番外編へつづく。

2012年02月23日(木) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

まー、しぇたもんだわぁ・その2

 ごうかなばんごはん

水木ワールドを堪能しまくった後、宿に到着。
口コミサイトで「食事がおいしい!」と書かれていた旅館屋さんです。
見た目も豪華だし、もちろん美味でございました。

ばんごはんの顔

人はおいしいものを目の前にすると、こんな顔になります。
遊び切った心地好い疲れも合わさって、目がなくなりそうです。
目玉おやじ、助けてー。

まあもうとにかくたらふく食ってたらふく飲んだのですわ。
海の近くなので、魚も蟹も新鮮でプリップリでした。

ザッバーン!

翌朝、宿のおかみさんに勧められ、少しだけお散歩へ。
これ、宿のすぐ裏ですよ。
波がものすごい勢いでテトラポッドにぶつかり、ザバーンと音を立てています。
その大迫力に興奮する荒井美紀。
「ザッバーン」
「キャーッ!」
「ザッバーン!」
「キャーッ!」
「ザッバーン」
「キャーッ!」
を30分ほど繰り返し、オトモダチに呆れられる始末。
いいじゃない。長いつき合いなんだから。もうわかってるじゃない。


みず、みず!

波とおかみさんにさよならを告げ、次に向かうは・・・
エジプトだー!
砂漠だー!

お仕事中

ラクダだー!

・・・鳥取砂丘です。

つづく。

2012年02月13日(月) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

まー、しぇたもんだわぁ・その1

もう2月に入ってしまいましたが、昨年の鳥取旅行のお話をさせていただきたいと思います。
鳥取には前々から行きたいと思っていました。
砂丘とか、梨とか、らっきょうとか、砂丘とか。
そこに水木しげるブームが到来。ぜひ行こうじゃあーりませんかと、車をブーンと飛ばしましたのです。
細かいこと言うのもアレなので、水木しげるワールドの写真達をご堪能くださいまし。






ばあ〜!!

111230_143812.jpg

じじいとばばあ〜!!



にわあ〜!!

・・・すみません。本当にすみません。

目玉灯.jpg

町中、どこを見ても、妖怪がいっぱい。
目玉の街灯。

目玉タクシー.jpg

目玉タクシー。
友人が「何で何もかも目玉やねん!!」と爆笑していました。

目玉石.jpg

妖怪神社というのがありまして。
妖怪を祀ってあります。
やっぱり目玉なんだなあ。

おしり.jpg

だって目玉、かわいいんですもの。
このぷりぷりおしり。
キミ、かわうぃーねー!(ナンパしてどうする)

水木岩.jpg

水木夫妻の像。
後ろに見えるのは妖怪電車です。
この町の人たちは、お二人のことを本当に愛していらっしゃいます。
どのお店にお邪魔しても、それがよく伝わってきました。

メタボおやじ

このお腹。
私と一緒。

つづきます。


2012年02月07日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

ひがしのみやこ・その3



中村中嬢のコンサートは、最高でした。
2日間のステージ。一日目はソロで、二日目はバンドメンバーと一緒に。
たった一人でピアノとギターを弾き、2時間歌い切った一日目もすごいと思いますが、翌日のバンドでのパフォーマンスも圧巻でした。
とにかく、あの声量はすごい。それに、低い声は迫力があり、ファルセットは心を揺さぶられます。
彼女の美しいファルセットを聴いて、何度涙したかわからないくらいです。今回もまた、一人でボロボロオエオエしてました。
隣のお客さん、さぞや迷惑だったでせうね。

そして、丁寧な言葉遣いや身のこなしと、ファンへの気遣いと。
賑やかなライブではないですが、老若男女楽しめて、最後はスタンディングオベーション。拍手が鳴り止みません。

とても素晴らしいライブでした。

ライブもよかったですが、東京で見たお芝居もよかったのです。



黒色綺譚カナリア派「誤/娯楽」
東京に着いてから調べて行ったのですが、初東京観劇で、こんな作品に出会えるとは・・・。
関西小劇場では見たことのない、アングラテイストでした。
若手の役者さん達の目がぎらぎらと輝いていて。
うらやましかったです。とても、うらやましかった。
ラストシーンから、カーテンコールになっても、涙が溢れてどうしようもありませんでした。

私は、どこまでやれるんでしょうね。


お次はトットリ旅行についてです。

2012年02月03日(金) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

ひがしのみやこ・その2

東京で。



新宿駅の中にある喫茶店で、何だかおいしそうなワッフルを食べました。
ああ、これが東京のワッフルか。
季節限定スイーツだそうで。
大阪人は限定モノに弱い。よくわかっていらっしゃる。さすが東京!さすが日本の首都!
(別に大阪人のためのスイーツじゃない)

東京へ行くならぜひ美術館へ行った方がよろしとお聞きし、六本木ヒルズの森美術館に行きました。



53階だか530階だか忘れてしまいましたが、美術館の一つ下の階にある展望台からの風景。
高いです。とにかく高い。
高所恐怖症なのです。でも見ちゃうのです。上っちゃうのです。
誰かと一緒にいたら「こわいこわい〜!」と喚いていたのでしょうけれど、一人ぼっちだったので、ポーカーフェイスを気取りました。
東京は都会じゃけえ、田舎モンがナメられちゃあイカンぜよ。
何人?

展望台にあるジェラート屋さんでジェラートを買って食べました。
ああ、これが東京のアイスか。
東京で見るものや食べるものは何でも珍しく感じてしまいます。何ででしょね。



手書きかい!!
意外とアナログトーキョー・・・?
東京の新たな一面を垣間見た気がしました。

つづく。

2012年01月25日(水) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

ひがしのみやこ

去年の12月。
ちょっくら心のオアシスに立ち寄りに行きました。

かも・・・

池。
泳いでいるのは鴨です。

かも?

鴨。
鴨の大群。

かも!!

鴨。
ケツだけ星人。
あ、違う。ケツだけ星カモ。

・・・・・・・・・・・・・・・。
いやいやいやいやいや。
いやいやいやいやいやいや。

決して、鴨が心のオアシスなのではないざんす。
たまたま、散歩に行った公園に、鴨の大家族がいただけなのです。
しばしばエサをやりに来ていると思われるおばちゃんのもとへ集まり、池にまかれて底に沈んだエサを探そうと潜る鴨達。
そのケ・・・お尻が何だかとても愛くるしゅうござると思って、写真に収めたのです。

ちなみに、これは東京の郊外にある公園でして。
東京へ何をしに行ったのかと言いますと・・・

そろばん

中村中嬢のデビゥ5周年記念コンサート!!
しかも会場は東京グローブ座!!
いやあ、無敵に素敵でした。まさに、心のオアシスでしたよ。

つづく。

2012年01月21日(土) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

めでたい



あけまして、
お 目? 出っ!!

・・・とうございます。

何とまあ、1ヶ月も居留守を使ってしまいました。申し訳ございません。
いえ、言い訳したいことは山ほどあるのですが、言い訳したいことは山ほどあるのですが、読んでくだする方々には全然関係のないことなので、やめます悪あがき。

まあ、結論を言いますと、ブログさぼりたくなっちゃうくらい素敵な年末年始だったということです。
ブログさぼりたくなっちゃうくらい。
さぼりたく。
さぼ・・・ごめんなしゃい。

上のデメキン写真をいつどこで撮ったかは追い追い説明し申し上げるとして、まずは昨年書きそびれた色々面白エピソードについてザクザク語りたいと思います。

今年もこんなみょーちきりんなところへ遊びに来てくだすって、誠に誠に嬉しゅうございます。ありがとう存じます。
お時間ある皆様は、ぜひとも懲りずにおつき合いしてやってくださいましね。

2012年01月18日(水) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -