カウンター
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年09月14日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

躓いたままで居ることは、案外心地好いのです

長い間かけて長々と書きなぐってしまいました。
これでラストです。

見に来てくだすったお客様から、こんな感想をいただいています。
「子どもの夏休みは毎年必ずあって、期間も決まっているけれど、大人の夏休みは自分がほしいと思ったときに取ればいいし、期間も決まってない、休むのをやめたいと思ったら、いつでもやめられる。そんな風に思った」

「あのゲストハウスにいる人達は、人生の落第者かも知れない。でも一生懸命生きていて、ただ暮らす場所が違うだけで普通の人達と何ら変わらない。それなのに、落第者だから出て行けと言われてしまうのは、同じ人間なのにおかしいと思った」

他にも様々なご意見をいただいていますが、私が、私達が考えていたことがお客様に伝わったということは、表現者の端くれとしては本当にうれしいことです。
ありがとうございます。

見上げた空

ラストシーン。
空を泳ぐ戦闘機を見上げる、加西と貴世。
この少し前のシーンで、貴世は戦闘機に
「うるさいなあもう!暑いのに」
と八つ当たりします。
横地、村本が出て行き、モリは強盗をはたらいて逃げ出した。
ただ、普通に暮らしていたいだけなのに。どうしてそれがかなわないんだろう。
でも誰のせいでもないことは痛いほどわかっているから、戦闘機を、外の景色を、にらみ切ることが出来ない。
この「うるさいなあもう!」の台詞を、「すごくいい台詞ですよね」と南出氏に言ったら笑われました(笑)
でもこの台詞で、貴世の悔しさやもどかしさ、寂しさを表現出来たら・・・なんて、表現者の端くれは願っていました。


さようなら。もう会うこともないのかな

出ていくと決めた三枝に、精一杯のエールを送る菜摘。
いえ、エールではないかもしれません。
彼は、社会にも、マイノリティでいることにも、白旗を上げたのですから。
三枝の気持ちを認める加西、必死に手を振る菜摘、自分の選んできた道を顧みる貴世。
これから、どうなっていくんだろう。

世の中何が正しいのか信じられないよね

鳥と戦闘機。
水道水と超高純度ミネラルウォーター。
正常と異常。
美しさと狂気。
ハルシオンとハルジオン。
愛しさと切なさと心強さと。

何かちゃうもん混じってますけど、そういうことなんかいねーって思っていました。
この胡散臭いミネラルウォーターのラベルを作ったのは、演出のMotokiShinomy氏です。
何気に手が込んでいて、成分表示の欄には「アライミウム」とか書かれてます(笑)
演出、舞台監督、音響、その他テクニカル面のほぼ全てをこなしながら、めんどくさい子・荒井美紀の面倒まで見てくだすって、本当に感謝の極みです。
氏がこの作品にどれだけの思いを込めようとしていたか、私達演者はひしひしと感じていましたよ。

これで最期かも知れませんが、あのゲストハウスの住人達に、いつかまたどこかで会えるような気がしてなりません。
これから先も続いてゆく、気の遠くなるような長い長い長い時間の中で、、、、、。

おしまい。

2011年09月06日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : あのねのほんね / comments(0) / - / -

スプーン一杯の幸せでいい。それを噛み締めながら過ごせたら

 うそつかないコンビ

何だ何だこの2人は。
モリ役の奥井智大氏と、村本役の芦川諒氏。
いい加減窮まりないこのお二方。インディアンのコスプレをして、島民の行うデモに参加します。
芦川氏の手には鎌、奥井氏の手には・・・何でやねん。

はりせんぼんのましたろか

その奥井氏、真夜中に泉氏と男の約束。
いい笑顔してますねえ。
奥井氏は22歳とは思えないくらいしっかりしていて、いつも色々気づかって声をかけてくれるのでした。
ゆとり世代の概念を大きく覆す、立派な青年です。

びみょうなかんけい

三枝と菜摘。二人で語り合うシーン。
ほんのり甘酸っぱいような、切ないような。
このシーンがとても好きで、二人で鳥の真似をして舞台上を飛び回るところでは、袖で毎回泣きそうになってました。
菜摘役の杉本レイコ嬢には、本当頼りっぱなしでした。色んなお話沢山しました。
デキる女子!呑める女子!
今度絶対サシ呑みしましょうね。

おみず

おっ?おっととっと?
そう、お写真、撮っていただいてたのですよ。
バイト先のスナックへ向かう貴世。
後で気づいてビックリしたのですが、このお洋服、背中がバックリ開いてます。

これぞ戦闘

インディアンとホステス因縁の対決。
芦川氏と顔を近づけていがみ合うシーンが他にもあり、あまりの近さと面白さについ吹き出してしまうことしばしばでした。
芦川氏はいついかなるときも穏やかで、笑いを忘れません。
みんなのアイドル的存在でした。

まだつづく。
2011年09月06日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

ああ、僕等の、バラ色な日々

やばいよやばいよ!9月にこぼれちまったよう!
舞台写真を分けていただいたので、ありがたくアップさせていただきやす。  

まくら、ありがとう 

会社を辞め、かつて自分も滞在したことのあるゲストハウスに、再び戻ってきた三枝。
歓迎し、手作りの枕をプレゼントする一同。涙する三枝。
左から、横地役の河北優氏・加西役の久家順平氏・三枝役の泉寛介氏・菜摘役の杉本レイコ嬢・貴世役の荒井・寝そべっているモリ役の奥井智大氏。
会話は弾むようなテンポで進められ、ついていくのに必死でした(笑)

きちんとねむる

お休み中の久家氏(上)と泉氏(下)。
久家氏演じる加西はお芝居の中で、本当にこの本棚に挟まって眠ります。
狭くて暗いところ好き。ハムスターか。
久家氏のチャーミングな笑顔にはいつも癒されっぱなしでした。

はないきもあらく

昔、職場で同僚だったという設定の、横地(河北氏)と三枝(泉氏)。
すごい顔で、何しゃべってんでしょうね。
こないだ出会ったパラダイス女の話です。横地はその女性とケッコンします。
河北氏とは、何気に3年以上のお付き合いになります。
いつもウザいウザい言ってごめんなさい。でも、頼れるニーチャンです。

しぇ〜

とあるシーンで、持ち上げられ祝福される三枝。
持ち上げているのは、久家氏とダブルキャスト・加西役の南出謙吾氏。
「鳥と戦闘機」の脚本を書いたのはこのお方!

公演が終わってから、南出氏と泉氏に、私にはもったいないようなお言葉をかけていただきました。
飛び上がってそのまま天国まで行ってしまいそうなくらい、嬉しかったのです。

へんなかお

もったいない人。
なあ、何でそんなに目細めてんの?
まぶしいシーンじゃ、ないよね?
アンタ、キレイどころの役じゃなかったっけ・・・?
残念だよ。残念すぎるよ。ああ。

つづく。
2011年09月02日(金) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

愛すべきダメな人達

 とかいのけんそう

「たずねた彼女は後を追うと言い出した」

私の友人が、昔インターネット上に書いた一文です。
ほとんど理解されないだろうとは思いますが、この言葉を見たとき絶句しました。
私たちが見たあの状況を、たった一言で、的確に表してしまえるなんて。
私にはとてもそんな才能はありませんでした。

「鳥と戦闘機−怖がりな僕らの楽園−」は、社会からドロップアウトした人達によって作られたコミュニティの話でした。
コミュニティを守り存続させようとする人、外界とも上手く渡り合おうとする人、事勿れ主義の人、自分勝手なトラブルばかり起こす人、何も考えてない人、何もしない人。
様々な思いが交錯するゲストハウスに訪れた、泉寛介氏演じる主人公・三枝。彼もまた、社会で生活することに疲れゲストハウスにやってきた一人ですが、だんだんと崩壊していくマイノリティ達の楽園を目の前にして、最終的にはもといた場所に戻ることを決意し去ります。

詳しい出来事を話し切ってしまうのは、好ましくないことだとは思います。今は、まだ。
19歳から21歳の頃、私は、とあるコミュニティに属していました。
ちょうど役者を休憩していた時期でもあり、モラトリアムで、アンビバレントな感情を抱えていた私には、コミュニティの存在はある種の救いでした。
変な宗教とかではありません。同世代の人達がそこに集って話し、慰め、励まし合いながら。
いつか、わかってもらえる日がくることを願っていました。

ある日、コミュニティは崩壊しました。
突然、でもある程度予想していたことではありました。

ただ、重く受け止めなければならないのは、
そこに人の生き死にが懸かっていたということ。

私は泣きませんでした。
先の文章を書いた友人と、これからどうやって暮らしていくかお互いに話して電話を切り、ただただ眠りました。

貴世は、自分の身の回りのことは最低限きちんとしながら、楽園に安住しようとします。
ゲストハウスがつぶれることを危惧して、貯金もしている。
だから、いきあたりばったりで結婚を決め出て行く横地(河北優氏)や、調子よく島民に迎合しようとする村本(芦川諒氏)に腹を立てます。

でも彼女はわかっています。
いくら自分が、ここで、みんなで、ずっと、暮らしていたくても、それを押しつけることは出来ない。
みんなのことは好き。でも誰のことも好きじゃない。でも本当は寂しくてたまらない。
でも、でも、結局誰も皆最終的には、ひとりだ。

口は悪いけれど、彼女はいつも笑っています。
だけど、心の底ではいつもいらついている。
自分勝手な解釈かも知れませんが、彼女の、そんなパーソナリティに、私は呼応したのです。
私も、いつも苛々している。
あの出来事があった次の日、大学へ行くために電車に乗って、駅を歩く人々を眺めながら猛烈な怒りを覚えて、でも誰も悪くないのはわかりきっていて、だから私は、この怒りを、この出来事を、コミュニティの仲間や仲間の思いを、絶対に忘れないでいようと決めました。
昔、仲間の一人が賛同してくれたことをいつか必ず実行しよう。社会に認められるやり方で、私達の見てきたものを、伝えよう。と。

そんな、沢山の出来事を、沢山の気持ちを思い出しながら、一生懸命演じた作品でした。
私にとって大切な大切な作品となりました。
この作品に出会えたこと、出会わせてくださったCommon daysの3人に心からお礼を言いたいです。

あのゲストハウスで暮らしているのは、はみ出し者の、堕落した人達ばかりです。
だけれど決して憎めない、愛おしい人達ばかりなのです。
2011年08月31日(水) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : あのねのほんね / comments(0) / - / -

飛魚のアーチをくぐって

8月が終わるまでに、Common daysのことをお話ししないと!

おおひろま

「鳥と戦闘機−怖がりな僕らの楽園−」
舞台は、とある南の島のゲストハウス。一泊1000円程度で泊まれる簡易宿舎です。
旅行で利用する人もたまにいるけど、そのゲストハウスには、都会の生活に疲れた人達が住みついて、生活しています。
島では基地の建設が進められていて、それに反対する人々がデモを行い、戦闘機の飛び回る音とシュプレヒコールが毎日聞こえてきます。
そんな中、寄り添い合ったり離れたり、不器用ながらもその場所で呼吸をしようとする、男女7人夏物語。なのです。

私は、そのゲストハウスに、2〜3日に一度掃除をしに来るおばちゃ・・・違う。
スナックでアルバイトしながら、そのゲストハウスで生活する、貴世(キヨ)という女の子の役でした。
「潔く柔く」という私の心のオアシス的マンガがあるのですが、そのマンガにちょろっと出て来る男の子が「キヨちゃん」なのですよ。
だから、役名を呼ばれる度にくすぐったかったです。

つめ

そんでもって、水商売!お水!
黒ワンピに柄ストッキングという、きわどいお衣装まで着せていただきましたよ。
口も悪いしだらしないしちょっとエロいし、今まで演じたことのない役で、キャラをつかむまでかなり苦戦しました。
でも、根底に持つ感情が似ていたから、すごく親近感が湧きました。こんな女の子がいたら、お友達になりたいです。

なのに、お写真、撮り損ねちゃったんですよねえ・・・。
上の写真は、役作りとかこつけて施した、人生初のジェルネイル。
髪も美容師さんと相談して、ギャルっぽい色味にしていただきました。
きわどいお衣装は、見に来てくだすった方だけの秘密です。
お客様、目、いためてませんか?
2011年08月30日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

なついあつ

公演が終わってもう2週間が経とうとしています。
エッ、2週間・・・!?
この間に精算会があったり、9月のLPRの稽古に復帰したりと、状況は目まぐるしく変わりました。
本人、ついていけてまへんよ。
ああ、夏ももう終わっちまうしよう!

ななめ上


夏。
夏くさいお写真ですね。
これは衣装合わせのときのものです。
南出氏の指示により、何故かみんな斜め上を見ています。

あがががが・・・ 

死に際の顔をしろという南出氏の指示により、みんなひどい顔をしています。
ナンデ・・・?

ああ、懐かしいなあ。
もう、終わってしまったのですね。
お借りしていたこの稽古場もなくなってしまうそうなのです。
二度と戻れない夏。さびしい。
でも、絶対に忘れられない夏になりました。

2011年08月25日(木) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

夏休み、終わりました

 Common days Vol.10「鳥と戦闘機‐怖がりな僕らの楽園‐」
終了いたしました。
ご来場くだすったお客様、本当に、本当に、ありがとうございました。

何だかまだ終わったと思えません。
さみしくてさみしくて、あのゲストハウスに帰りたいとさえ思ってしまいます。

私にとって、ものすごく思い入れの強い作品となりました。

公演が終わった翌日もお仕事が入っていたのですが、レッドブルが全く効かないという異常事態の中、グデングデンの状態で働いてまいりました(笑)
公演のこと、これから、色々と書いていきたいと思います。
もしよろしければ、読んでやってくださいまし。
2011年08月16日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

南国へいらっしゃぁい


「いらっしゃぁい」というのは、もちろん桂三枝師匠チックに言ってる感じです。
しばらくお留守にしてしまいましたら、Common days「鳥と戦闘機-怖がりな僕らの楽園-」初日が明け、2日目も好評のうちに終了いたしました。
ご来場くだすったお客様、暑い中本当にありがとうございます。

舞台のお写真がまだ撮れていないのです。
明日は撮るぞ撮るぞーうじゃうじゃ撮るぞ。
というわけで、撮りだめていた稽古風景を、またしてもお届けします。

 のものものも

稽古帰りの飲み会にて、河北氏・南出氏・レイコ嬢。
入店したのは23時すぎ。24時で閉店するとわかっていたのに、みんな「一杯だけ、一杯だけ」と、相当飲みたかったのです。

のものも

芦川氏・久家氏・奥井氏・・・と、ブレる河北氏。
まあ、役どころもそうですからね。
この後、少し酔っぱらって、みんなから散々いじられていました。
愛されキャラですね。

へべれけ

へべれけ男3人組。
楽しそう。
南出氏と久家氏は今回ダブルキャストです。
とてもお忙しいお二人なので、稽古日数は限られており、本当に貴重な時間を過ごしました。

舞台は、南国の簡易宿泊所で繰り広げられる人間模様を描いています。
私はとてもむつかしい役をいただいています。
演じていて、とてもくるしくなります。色んなことを考えます。
でも、それが必要なんだと思って、わざと、苦しくなるような音楽を聴いたり、本を読んだり、嫌な思い出をほじくり起こしたりしていました。
私の演技力なんざ、拙いもんです。共演者の皆様に、ほんと、助けていただいています。
じゃあ、私にできることって何じゃらほい、と考えた時に、私は私の思っていることや感じていることを、素直に表現するより他にないのじゃないだろうか、と思ったのです。

ひとりで生きられないなら、何人でなら生きられるんだろう。
「銀の皿に金の林檎を」という小説に出てくる言葉です。私はこの本を、18歳の時に読みました。
本番数日前にふと思い出して、この言葉、今回のお芝居にも、ぴったりだと思いました。

文字の間に私がいる。
台本を読みながらそう思っていました。
舞台に立っているのは、紛れもなくわたしです。
必死で呼吸しようとしている私を、どうか、一目でも見てやっていただければ。
明日、いよいよ千秋楽です。お時間ございます方は、ぜひ、千日前トリイホールへお越しください。
2011年08月11日(木) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

コモコモコモコモ

セミの鳴き声ですよ!多分。

もんぜつ

パソコンの前で頭を抱える、演出のMotoki Shinomy氏。
衣装の撮影をしてほしいと南出氏にカメラを渡したら、何故かこの後ろ姿も写り込んでいました。
Shinomy氏は演出・舞台監督・音響・装置・たまに照明と、何でもこなすハイパースーパークリエイターです。
ただ、ちょっと変(笑)
イケメンなのに、仲良くなればなるほどイケメンなのを忘れてしまいます。
南出氏からは「オダギリジョー、失敗」と言われていました。
その南出氏の語彙センスに感嘆の声を漏らしつつ、笑いが止まりませんですよ。


おやつ

おやつ休憩中の久家順平氏(左)と奥井智大氏(右)。
久家氏はいつも笑顔を絶やさない、とってもチャーミングな方です。
演技もチャーミング。
私、この方大好きです・・・と、泉氏のご紹介でも書きましたが、要はみんな大好きなのです。
愛してるよ、男達。

奥井氏は、カメラを向けると動画と勘違いして、一生懸命手を降り続けていました。
22歳、なかなかに強いです。


せいしゅんのひとこま

稽古場の屋上に上って休憩。
学生時代を思い出して、懐かしい気分になりました。


おおロミオ?

ジュリエット芦川氏。


せいしゅんのヒトコマ

みんな、いい顔してますね^^


さあ、いよいよ今週末本番です。
会場はなんばのトリイホールです。お買い物のついでに、飲み会のついでに、ふらりと立ち寄っていただきたいです!
2011年08月08日(月) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : すてきなひとたち / comments(4) / - / -

コモンな日々・その2

わきあいあい

これは、シーン稽古中のお写真です。
左から、久家順平氏・杉本レイコ嬢・泉寛介氏・河北優氏。
何だか普通に誰かのお家でくつろいでいるみたいですよね。
それくらい、お稽古は和やかに進みます。


おめでとござます!

泉寛介氏。
baghdad cafe'の作演をされている、今、最も旬な関西演劇人のお一人です。
私、この方がとても好きです。
いや、別に変な意味でなくて、ネエ?
とっても素敵な役者さんなのです。
役どころとしてはかなり難しいはずなのに、そんな風には微塵も感じさせない、ハイレベルな演技をされています。
私自身も色々とアドバイスをいただいて、とてもありがたいのです。
普段も、とても優しい方でいらっしゃいます。
ちなみに先日、ワークショップで合コン講座を開いたそうな・・・。
私も是非、聞きたかったのです。合コン、行かないけど。

あ、何で上の写真でパイを持っているかというと、7月にお誕生日を迎えられたのです。
みんなでキャラメルパイをつつきました。

パイうまし

ロールケーキと迷ったのですが、最近俄然人気だというパイにしたのです。
う〜ん、美味です。
「ホール丸々でもいけるよ!」とのたまう泉氏。
喜んでいただけて何よりです。


いっぱいくってな

左から、芦川諒氏・河北氏・南出謙吾氏・奥井智大氏・泉氏。
1日稽古をした日、昼食にと中華料理を食べに行きました。
男が多いわ。男が多いわ。
キャストでは、女子は杉本レイコ嬢と私の2人だけです。
みんな、女の子になろうよ。女の子になろうよ。
というわけで、左から、芦川諒子ちゃん・河北優子ちゃん・南出謙子ちゃん・奥井智子ちゃん・泉寛子ちゃん。
・・・ダメですか?

ちなみに智子ちゃ・・・あ、いや、奥井氏は何とまあ奇跡の22歳。
Common daysは大人の集団だと今までうかがっていたので、多分コモン史上最年少ですよね。
お肌が若いのですよ。若いのです。
チキショウゆとり世代め。
彼は集団に溶け込むのがとても早く、オッサ・・・あ、いや、年上の方ばかりの現場でもすぐに自分の能力を発揮していました。
芸大時代の公演で主役を演じたこともあるそうな。実力派おにぎり俳優さんです。
何か、おにぎりっぽい感じしませんか?

何気に公演まであと1週間を切っています。
ひいぃいいいぃぃぃぃいい・・・・・・。
まだまだお写真アップしまっせ。

大好きな人たちと、大好きな芝居の稽古をする。
そして、本番で一緒に舞台に立つ。
私の生きている中で、一番、素敵な瞬間です。
2011年08月06日(土) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : すてきなひとたち / comments(0) / - / -