カウンター
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013年09月14日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

コモンな日々・その1

気がつけばもう8月でやんすね。
暑いのは暑いのですが、何だか夏らしくない暑さだ、と思います。
こないだ乗ったタクシーの運転手さんも、台風が来てからちょっと変だよね、とおっしゃっていました。
運転手さん、とても紳士なおじいちゃまで、ガムをくれたり、お芝居の話を聞いてくだすったり、「がんばってテレビ出てくださいねえ」と言ってくだすったりしました。
極めつけは、支払いの時私の顔を見て、「キレイですねえ」と言ってくだすったことでした。
ほんと、紳士でした。お世辞上手い(笑)

さて、すっかり遅いお知らせになってしまいましたが、Common days Vol.10「鳥と戦闘機‐怖がりな僕らの楽園‐」本番が来週末に迫ってきました。
あばばあばばしながら、最後の追い込みに勤しんでおります。
暑い暑い、稽古場で。
とある会社の倉庫をお借りしているので、エアコンがないんですのよ。
暑い、熱い、アツイ!!

おふたりさん
  

台詞合わせ中の芦川諒氏(左)と河北優氏(右)。
お二人ともとも長いお付き合いで、とってもお世話になっています。
主に笑いとか、いじりいじられとか、その辺のとこで。
芦川氏は最強センスのオヤジギャグを炸裂させ、河北氏はとにかくウザい。
自他共に認める、暑苦しさです。ウザいは河北氏の公式あだ名です。


よっぱらい

いつぞや、3人で飲んだ時のお写真。
ひ、ひどいお顔ったらありゃしないよ。
急きょ決まった飲みで、私も当日遅くに混ぜていただいたのですが、結局夜中3時まで飲んだのでした。楽しいお酒でした。

  おねいさん

左は、杉本レイコ嬢。
クールで大人っぽい彼女ですが、何と私と同い年。
今年は同い年の役者さんとよく現場でご一緒させていただきます。
とってもしっかり者で、色んな有名劇団に客演されていて、演技も達者です。
不器用でおバカな私からしたら、超デキる26歳。素敵すぎます。
 
おばさん

買い物帰りのおばちゃん。

しばらく、コモンなお写真をアップアップしていきます。
稽古場の楽しい空気を感じ取っていただければ、コレ幸いでございます。
絶対、いいお芝居になること間違いなしなのです。
2011年08月02日(火) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : すてきなひとたち / comments(0) / - / -

どこまでいけるかわからないけれど

一晩かけて、手紙を書きました。
何枚も便箋を無駄にして、書き終わる頃には、鼻水をかんだティッシュがテーブルに山のように積まれていました。
涙がとまらなかった。

式場におさまりきらないぐらいの弔問者。
突然降り始めた粉雪。
アカペラサークルの人たちの歌。
お父さんの挨拶の言葉。

2006年2月3日。
高校の演劇部時代の友人が亡くなった日です。

彼女と私は、相手役を演じることが多くありました。
お互い母親がおらず家事を担っていることもあり、晩ごはんのレシピを教え合ったり、部活以外で一緒に遊びに行ったり、長電話で恋愛話をしたこともありました。

かわいくて、背が高くて、色白で、勉強も運動も歌も、何でも出来る子でした。
芝居も私なんかより断然上手かった。学年中の誰からも好かれていました。
そんな彼女に私はいつもコンプレックスを感じていて、次第に部活の時間以外は話すことも少なくなってしまいました。

20歳を迎えて間もない頃、彼女が病気で入院していることを知りました。
私も同じ頃に体をこわしていて、お互いぼちぼちやっていこうねと言ったのを覚えています。
ある時、高校時代にイベントで上演した作品のビデオを貸してほしいというメールがきました。
私の公演が一段落して、「いつ貸そうか」とメールを送ったけれど返信はなく。
2度目の大学留年の危機を何とか乗り切り、もう一度連絡を取ってみようかと思っていた矢先。
亡くなったという知らせを、当時の演劇部の部長からもらいました。

今回の公演「時間Re.Birth」は、亡くなってしまった主人公の親友のために、昔上演できなかった台本でもう一度芝居をしよう、というお話でした。
個人的な事情ではありますが、どうしても、私の友人のことを思い出さずにはいられませんでした。

劇中劇、高校駅伝大会で、主人公がたすきをつなげずに、その場所で彼女自身の時間も止めてしまうというシーンがありました。
その「たすき」は、私にとっては「公演のビデオ」でした。
なぜ、もっと早くに連絡をとらなかったんだろう。
なぜ、もう一度メールを送らなかったんだろう。
そうしていれば、何か変わっていたかも知れないのに。

稽古で悩んでいた頃、私は思い切って演出の高木啓介氏にこのことを話しました。
高木氏はただただ静かに聞いてくださいました。
気持ちに重きを置いて作るお芝居。公演直前、氏は私にこう言いました。
「あなたの演じる役だけでなく、あなた自身も、会いたい友人と舞台の上で会ってください」
現実じゃ過去に戻ることなんて出来やしない。でも舞台の上でなら、もう一度あの時間に行くことが出来るかもしれない。
とことん自分と向き合わなきゃな。

そこからは、ひたすら自分自身とのたたかいだと思いました。

公演が終わった後、高木氏は私に「友人には会えたのか」と聞きました。
私は答えることが出来ませんでした。
それは、会えなかったということではなく、納得いく演技ができなかったということではなく。
芝居をすることを選んだなら。常に自分が出来うる最良の演技を模索し続けなければならないと思ったのです。
本当に「会えた」と言っていいのは、私が死ぬ時だと思ったのです。
ただ、亡くなった私の友人がどこかでこの舞台を見ていて、彼女自身が会いたい人に会えることを、いつも願っていました。
ラストシーンでみんなの顔を見回すところ、涙をこらえるのに必死でした。
まるで、自分が死んで、天国から降りてきたような気持ちになりました。

役の想いをとにかく丁寧に、かつストレートに表現し、お客様に見ていただく作品でした。
見終わった後、何かを思ってくださったなら、こんなにうれしいことはありません。
最高の座組で、真剣に芝居作りが出来、本当に良い作品に出会うことが出来ました。
感謝の一言に尽きます。ありがとうございました!

せいしゅんでした

公演が終わってちょうど1週間後。
7月25日、天神祭は、彼女の誕生日でした。
天国からも花火見えたかな。
2011年08月01日(月) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : あのねのほんね / comments(2) / - / -

ジョニー?

三村ミキ。
父は映画監督の三村ミキオ、母は女優の三村ミキコです。

・・・ひどい家ですよね(笑)
これは、劇団運命の役者オーディションのシーンの台詞なのですが、演出の高木氏にアドバイスをいただきながら、自分で考えました。
なのでこんな、ひどい家になってしまいました。
私の演じた三村ミキは、演劇一家に生まれ、自身も赤ちゃんの頃から映画やテレビに出てきたけど、全然うだつが上がらずに悩み、たまたま見つけた役者オーディションを受けに来るという役でした。
小学校のエピソードは3ステージともお客様に笑っていただいて、うれしかったのです。
ちなみに、台詞には中学までしかありませんが、高校時代は、第2のハリウッドと呼ばれるインドに留学したとかしないとか。考えていました。

でへへっ

写真は、五乙女セイヤ役の新免誠也君と、二ノ宮マキ役の岡マキ嬢。
お二人とも面白PRで会場を沸かせておられました。
新免君は得意のバク転を披露。殺陣もできるすごイケメンです。
岡マキ嬢はかわいらしい歌とダンスをお披露目し、私はその後ろで「かわい子ぶるな!」と変顔でキレていました。
逆に岡マキ嬢演じる二ノ宮は、三村のことを「親の七光りのくせに」と思っていたらしく、私をにらむ目つきが超コワかったのです。
台詞がない場面でのかけ合いも、楽しくさせていただきました。

し〜む〜ら〜さぁ〜ん 

全ての役者さんとお写真撮ることが出来なかったのですが。
劇団運命の代表で演出家・志村役の、西村昌広氏と。
西村氏は自然な演技やアドリブが超絶オモシロンで、稽古中に何回笑かされたかわからないぐらいです。
離ればなれになってしまった、妻のトキコを思い叫ぶシーン、私は舞台袖でジーンときていました。
でも、酔っ払うと目がすわり、エロ兄さんに早変わりするのです。


実は、、、Common daysの公演まで二週間を切りましたのです。
そちらのことも書きたいと思いつつ、もう少しサークルおしばいっの回想は続きます。
2011年07月30日(土) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

スクール水着じゃありません

はしる

ボテボテで本当、ごめんなさい。
脚に筋肉がつきにくい体質らしく、ランニングや筋トレをしてもなかなか引き締まらなかったのです。
見に来てくだすったお客様方から、「最初スクール水着かと思った」とのご感想をいただいたこのお衣装。
高校女子駅伝のユニフォームなのです。
パンツは山本まさよ姉さんの手作り。
和裁の勉強をされていたそうで、お服だけじゃなくカバンも作ったりされるそうで。すごいです。
こんな素敵なお衣装を着せていただいたのに、ボテボテで本当、ごめんなさい。

今回のお話、劇団運命というさびれた劇団に、主人公が駅伝をテーマにした脚本の上演依頼をするところから始まります。
私は役者オーディションを受けに来た、プロ意識だけやたら高い女の子の役でした。
劇中劇もあったので、何気に3役かけもちで、演じ分けに苦戦しました。

そのことについても色々書いていきまっす!
2011年07月22日(金) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

終了っしました

サークルおしばいっ解散公演
「時間 Re.Birth」
無事終了いたしました。
暑い中ご来場くだすった皆様、本当にありがとうございました!

もっと早くにご挨拶や色々を書くつもりだったのですが、気がつけば2日も経っているじゃないか・・・。
この2日の間に、8月のCommon daysの通し稽古があったり、携帯を落としてなくしたり、携帯を見つけたり、首が回らなくなったりと沢山の出来事がありました。
首が回らなくなったのは、決して借金ではありません。
整骨院へ駆け込みましたが、まだ治りません・・・いだい。

公演のこと、写真もアップしながら、書いてまいります!
どんぞお読みになってやってください☆
2011年07月20日(水) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

初日終了っ

サークルおしばいっ解散公演
「時間 Re.Birth」
初日が無事終了しました。
ご来場くだすった皆様、どうもありがとうございました!

初日ということもあり、非常に沢山のお客様が来て下さり、会場は超満員。
何と、立ち見のお客様もいらっしゃったとか・・・。
1時間45分のお芝居を立って見ていただくのは、とてもしんどいと思います。
座って見ておられた方も、狭い劇場で窮屈な思いをされたと思います。
大変申し訳ありません。
でも、沢山の方々にこのお芝居を見ていただくことができて、とてもうれしいです。
本当にありがとうございます。

ゲネプロ、本番と、かなり気合いが入ったようで、帰ったら体がアチコチ痛い。
見に来てくれたオトモダチにメールを送って、しばらくボンヤリして、気がついたら畳の上で爆睡してしまいました。
体痛い・・・(せめて布団で寝てくれ私)。

見た目20代でもね、もう中身オバサンなのよ。
ちょっと動いたらすぐハアハアゆうのよ。
ちょっと無理したらすぐバキバキゆうのよ。
はあ〜あギックリギックリ。

そでみず

終演後に岡マキちゃんと。
ね、もう、同い年に見えないでしょ?
岡マキちゃんは背が高くて、ダンスも上手いです。
演技の時のさりげない表情も素敵で、いつもクラクラきちゃいます。
私のダンスは、演出さんから「志村けんみたい」という、いいんだか悪いんだかわからない評価をいただいています。
真剣なシーンなので、もちろんダメです。

さて、今日でいよいよ最後です。
自分への課題は、まだまだまだ山盛りあります。
どこまで私は走れるか。
そして、会いたい人に、会えるでしょうか。
会いたい!!

会場で皆様にお会いできるのを、心より楽しみにしています!
2011年07月17日(日) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

いざ、その時間へ!

サークルおしばいっ解散公演「時間 Re.Birth」
無事、仕込みが終わりました。

 さぎょうちゅう

仕込み中のメンバーとお手伝いの方々です。
大きなトラブルもなく、和やかに進みました。
仕込みってテンション上がりますよね。
本番が目前に迫っていると思うと、ドキドキしてきます。

くつまみれ

役者とスタッフさんと増員さんの靴で、溢れかえる楽屋の玄関口。
楽屋もとても和やかです。
このまま、いつまでもみんなでいられたらいいのになあ・・・。
でも、あと2日で終わりです。
信じられないなあ。


おにあい

買い出し途中の、TOMO姉さんと山本まさよ姉さん。
後ろ姿がとても素敵で、一枚撮らせていただきました。
お二人は、サークルおしばいっのメンバーになる前からのお付き合いで、かれこれもう10年以上経つとかです。
さすが、演技も息ピッタリなのです。

さて、明日はいよいよ幕が明けるぞよ。
苦手な歌とダンスもがんばっています。
何気に何役かかけ持ちしていたりします。
何気にドタバタ暴れていたりします。
そんな荒井美紀、めったに見られないと思いますので、ぜひ、劇場へお越しやすです。

ありがたいことに、土曜日19時の回は満席となりました。
日曜日の13時・16時の回はまだ余裕がございます。ぜひ、日曜日のご来場をオススメいたします。

さあ、行ってきます。
大切な人たちに、会いにゆくのです。

2011年07月16日(土) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(2) / - / -

いよいよっ



サークルおしばいっ解散公演
「時間Re.Birth」
今日から小屋入りでございます!
何だかかんだか、実感が湧きません。
もっと練習したい、もっと台本読みたい。もっと役を掘り下げたい。
と、いつになく貪欲な気持ちがフツフツ湧いてきておるのです。

書きたいことモリモリあったのに、全然書けてないやー。
写真も撮っているので、隙をみてまたアップします。

さて、ガツガツ仕込んできますよ!えいさっさー。

2011年07月15日(金) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

おしばいっな日々

わああああ。わああ。わああああああ。
気がつけばもう本番まであと5日となりました。
ブログもいつの間にやらば、2週間以上もお留守にしてしまっていました。
見に来てくだすっていた皆様、ももも申し訳ございません・・・。
冗談抜きで稽古に励んでおりました。
今週末のサークルおしばいっ、8月のCommon days、9月のLPR。
先月末から、3つの稽古場を行きつ戻りつしておりました。
ツイッターは、最近1日1ツブヤキを目標にブツブツ言っております。
もしよろしければそちらもご覧ください。ユーザー名は@arai_mikiです。


くつろぎ中・・・?


サークルおしばいっの稽古は、毎週日曜日が基本です。
稽古時間も13〜21時と、ガッツリです。
ラスト3回は9時半〜21時半で、メンバーは2食を共にする日々を過ごしました。 
写真は夕食を終え、しばし寝ころぶ吉田タツロヲ氏と伊月まこと姉さんです。

台所メモ

ダイイングメッセージ。
ちゃうちゃう。舞台のバミリです。
でも何だか、後ろのスリッパやライターが、何かのヒントみたいに見えてきますね。
ちなみに私、昔本気でダイニングメッセージだと思ってました。
お台所。

ドS?

藤田ようこ嬢と椿悠(つばき・はるか)姉さん。
お二人ともとっても美人です。もったいないのでお顔は載せません。
ビジョっぷりを見たい方は、ぜひ劇場で確認しておくんなまし。
そんなビジョと戯れるは、西村昌広氏です。
劇団こやぎというところに所属されています。処々に入るアドリブに終始笑わされています。

わいわい女子

左から、TOMO姉さん、山田まさよ姉さん、橘みずほ姉さん、莉子姉さん。
4月から稽古してきたんですもの。一緒にいる時間が長いので、とても仲良くなりました。
社会人サークル、というスタンスの劇団さんですが、本当に和気藹々としています。
でも締めるところはビシッと締める。そんな感じです。

バタバタ駆け足ですが、お写真のお披露目でした。
お芝居はとても良い感じに仕上がってきています。
先日、最後の通しを見に来てくだすったベテラン制作さんが、本番当日に重なっていた仕事をキャンセルしてでも見に来たい、と言ってくださいました。
上手とか下手とか、そういうことではないのです。
登場人物たちの気持ちを大切に大切に、演じています。
このクソ暑い夏にピッタリの、熱い熱いお芝居です。
そしてナント実は、ワタシ、劇中でチョト歌ったり踊ったりしています。
そんな姿、これを逃したらあとウン年は見られないと思います。
皆々様、今週末はぜひ、あべのロクソドンタブラックへお越し下さいまし!!




 

2011年07月11日(月) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -

日本のアイドルだもの

あらららら。あらら、あら、あららら。
バタバタしてるうちに、気づけば2週間以上も経ってしまってました。

何故でせう、ブログって、ついこの間書いたような気がしても、あれよあれよという間に5、6日過ぎています。

継続は力なりといいますが、こんなブログ継続して力になるかどうかは知りませんが、その継続が一番むつかしいのですよね。



最近は雨ばかりでジメジメウツウツと嫌なお天気でしたね。
トトロちゃんもグッタリです。
見てくださいこのドシャ降り雨。まるで雨が暖簾のように、トトロに降り注いでいます。
昨日見たら、ついに左目が取れていました。ゾ、ゾンビ!
お子さま達はビビらないのでせうか・・・。これもご愛嬌?

雨が止んだと思ったら今度は猛暑です。暑い、暑い。
東北の方では、夏服がなくて冬服で暑さに耐えている方々もいらっしゃるそうで・・・。熱中症や感染症には本当、かからないでほしいです。

いやあ、暑いね。この夏は暑い。
客演3本いただいてますもの。
バテないように乗り切りたいもんでげす。
2011年06月24日(金) by 荒井美紀 [ Edit ]
cetegory : いろいろあれこれ / comments(0) / - / -